Jan Václav (Jan Hugo) Voříšek : Sinfonie in D, Op.23
ヴォジーシェク:交響曲ニ長調 Op.23



1822年に書き始められたこの交響曲は、1823年1月21日に完成しています。
編成はベートーヴェンの幾つかの交響曲のような野心的なものではなく、金管楽器はホルンとトランペットが2本づつ。木管もフルート, オーボエ, A管クラリネット, ファゴット各2 となっています。この他に弦楽器群とティンパニ。
快活な第1楽章冒頭がモーツァルト風である一方、緩徐楽章に当たる第2楽章冒頭はホルンのオクターヴによるファンファーレによって始まります。この印象的な楽句は最早古典派の書法とも言い難く、シューベルトの更に先、後のシューマンやブラームスの音楽の登場を強く予感させるものがあります。
音源や文献によっては、この作品の作品番号を 24 としているものがあります。これは A. Fuchs が書いたヴォジーシェクの最初の評伝に誤って 24 と記された作品番号に由来するものと思われます。


  1. D-Dur Alla breve, Allegro con brio
  2. h-moll 2/4, Andante
  3. Scherzo: d-moll 9/8, Allegro ma non troppo
  4. Finale: D-Dur 2/4, Allegro con brio

楽譜

優れた作品ですが出版機会には恵まれず、1957年に漸く初版(SNKLHU MAB 34)が出版されました。 現在では、EDITIO SUPRAPHON版のスコアが出版されています。(Editio Bärenreiter, Praha) (H2262)


演奏動画

Orchestra: Musica Florea / Conductor: Marek Stryncl

※ピリオド楽器による演奏。作品番号が誤って Op.24になっている。