Jan Václav (Jan Hugo) Voříšek : XII Rapsodies Op.1
ヴォジーシェク:12の狂詩曲 Op.1



ヴォジーシェクはこの作品を1814年(?)から1818年にかけて作曲しています。 作曲中の1814年には、ベートーヴェンから賞賛されました。 完成した年はヴォジーシェクが25歳のときであり、この頃既に恩師・トマーシェクの許を離れヴィーンにいました。
そのトマーシェクにこの作品は捧げられており(自筆譜にはドイツ語で献辞が書かれています)、作風も恩師のそれを踏襲したものと言われています。
12曲全曲がトリオ形式で書かれており、総演奏時間は1時間を超えます。
自筆譜は1番から4番までが遺されています。
ところどころに「狂詩曲」らしいパッションを感じさせるものがあります。

  1. cis-moll 6/8, Allegro
  2. E-Dur 3/4, Allegro
  3. a-moll 4/4, Allegretto con brio
  4. F-Dur 6/8, Vivace
  5. f-moll Alla breve, Allegro
  6. As-Dur 2/4, Allegretto ma agitato
  7. d-moll 4/4, Allegro furioso
  8. D-Dur 4/4, Veloce, ardito
  9. g-moll 3/4, Allegro appassionato
  10. C-Dur 4/4, Allegro risvegliato
  11. h-moll 2/4, Allegro brioso
  12. Es-Dur 2/4, Allegro tempestoso

楽譜

初版はカッピ・ウント・ディアベッリ [Cappi & Diabelli] から2部に分けて出版されました(出版日の記載なし)。
現在は Editio Bärenreiter Praha から、EDITIO SUPRAPHON 版を入手することが出来ます。


演奏動画

No.3 | č.3
Radoslav Kvapil, piano.

No.6 | č.6
Franz Bayer, fortepiano.

No.9 | č.9
Anna Petrova-Forster, piano.

全曲 | všechno
Radoslav Kvapil, piano.