Terms


関連する用語と人名についての簡単な説明。
当時の時代背景に関係が深い政治用語や、民族音楽の様式でもフィビヒが作曲しなかったものについても取り扱う。

用語

目次

民族音楽

ドゥパーク [Dupák]
ボヘミアの民族舞踊。 輪になって踊る。速い動きと陽気な性格の踊りで、しばしば足を踏み鳴らす。
"Dupák" の語源は、この「踏み鳴らす」のチェコ語(dupat) から来ている。
2/4拍子:"Nevdávej se, má panenko"(K. J. エルベン 第471曲)
3/4拍子:"Pásla ovečky" (K. J. エルベン 第505曲)
フリアント [Furiant]
セドラーク [Sedlák] とも呼ばれ、最も有名で興味深い舞曲の一つである。
楽譜上は 3/4 拍子で書かれるが、主要な動機の前に "2+2+2+3+3" の組み合わせのリズムを持つフレーズが置かれる。
Nálady, dojmy a upomínky, č.263 Furiant
このリズムと急速なテンポが相俟って、力強さと推進力を感じさせる。
フリアントで書かれた曲としては、ドヴォジャークの《スラヴ舞曲集》の Op.46-1 と Op.46-8 が有名だが、他にもスメタナの《チェコ舞曲集》第2集の第1曲、フィビヒの「大いなる理論的実用的なピアノの為の授業」 のソナチネの終楽章、《気分、印象と追憶》 の Op.47-59、V. ノヴァークの「若さ」のOp.55 の第20曲、「3つのボヘミア舞曲」Op.15 の第3曲などがある。
プラーツァヴァー [Plácavá]
ボヘミアの民族舞踊。案山子(かかし)に似ている。踊りながら互いに手を叩く。
K. J. Erben の民謡集に例がある。
ポルカ [Polka]
2/4拍子のボヘミア民族舞踊で、世界中に広まった。
アンナ・スレザーコヴァー [Anna Slezáková] が1830年にラブスカー・チーニツェ [Labský Týnice] で、民謡の Strejček Nimra koupil šmla(エルベン:メロディー613、マラート:秘められた宝4)の旋律として考案し、「ニムラ」 [nimra] 即ち「マヂェラ」[maděra] (マジャール [maďar] を意味する)と名付けられた。
出版された最初のポルカは、コピドルノ [Kopidlno] で教師をしていた ヒルマル [Fr. Hilmar] が作曲した。 最新の研究によると、1830年のポーランド革命(十一月蜂起)に対する2つの共感におけるポーランドの民族舞踊クラコヴィアク [Krakowiak] の反響のようにして興った。
スメタナは、ピアノの為の幾つかの華麗な演奏会用ポルカを私達に遺した。 また、オペラ《フビチカ》[Hubička] の中のポルカは真のチェコの特徴に優れていた。
セドラーク [Sedlák]
チェコ語で「農民」を意味する。舞曲としてはフリアントと同義。
→ フリアント
スコチナー [Skočná]
ボヘミアの民族舞踊。2/4拍子の舞曲で、輪になって踊る。
トジャサーク [Třasák] に似た、滑稽な性格を持つ。
B. スメタナのオペラ「売られた花嫁」 [Prodaná nevěsta] 第3幕第2場に登場する。
スレピチカ [Slepička]
「スレピツェ」[slepice] とも。
slepice は「雌鳥」の意で、slepička は「小さな雌鳥」を意味する。
2/4拍子のボヘミア舞曲。踊り或いは細かいステップは、穏やかで速い動き。
B. スメタナの「チェコ舞曲」と Al. イラーンカの「2つのチェコ舞曲」
ソウセツカー [Sousedská]
"Sousedská" は、「隣人の、友好的な」などの意味を持つチェコ語。
この舞曲は 3/4拍子のゆったりしたテンポのチェコ民族舞踊で、ドイツの「レントラー」を思わせる。
フィビヒは管弦楽組曲「田舎の印象」Op.54 の第2曲としてソウセツカーを作曲している。

その他音楽

メロドラマ [Melodram]
メロドラマとは、一言でいうと「朗読+音楽」という形式の芸術である。
「物語に背景音楽をつけたもの」と考えてよかろう。
嘗てこのジャンルは、バロック時代のヤン・ディスマス・ゼレンカ [Jan Dismas Zelenka] も作品を遺しているが、これはどちらかというとオラトリオとも言うべきもので、朗読ではなく歌になっている。
そうしたものを別とすれば、このジャンルは古典派時代、ジャン・ジャック・ルソーの「ピグマリオン」(1773年) [Pygmarion / J. J. Rousseau] (但し、音楽の殆どはコワニェが作曲したもの)と、ゴータの宮廷楽長イジー・アントニーン・ベンダ(ゲオルク・アントン・ベンダ) [Jiří Antonín Benda] の「ナクソスの女王アリアドネ」(1774年) [Ariadne auf Naxos, 1774] によって始まった。ベンダのメロドラマは、ルソーの「ピグマリオン」の成功を受けて作曲依頼されたものであった。(*) イジー・アントニン・ベンダは「ゲオルク・アントン・ベンダ」というドイツ名でも知られるが、ボヘミア人である。
W. A. モーツァルトはベンダの「ナクソスのアリアドネ」と「メディア」を聴き、1778年11月12日にマンハイムから送った父への手紙の中で、この2つのメロドラマを絶賛したという。(*) メロドラマはベンダの「ナクソスのアリアドネ」上演以降、20年ほど流行が続いたが、その後は下火になったという。その一方、近い時代ではR. シュトラウスや F. リスト、J. シベリウスなども手がけている。
19世紀後半、フィビヒが6つのメロドラマを作曲し、更にメロドラマをオペラ並みの規模の総合芸術に拡張した「ステージドラマ」と呼ばれる作品「ステージドラマ三部作《ヒッポダミア》」を世に送り出した。この業績を以ってフィビヒは「近代チェコ・メロドラマの創始者」と目される存在となった。
現代のチェコでは、クラシックに限らず様々なジャンルの音楽家達がメロドラマを手掛けている (例えば、ロックミュージシャンのフィリプ・トポルの作品がある [Střepy / Filip Topol])

人物

アドルフ・チェフ [Adolf Čech, *11.XII.1841 †27.XII.1903]
指揮者・作曲家。
指揮者としては、スメタナ、ドヴォジャーク、フィビヒらの作品を多数初演した。
カレル・ヤロミール・エルベン [Karel Jaromír Erben, *1811 †1870]
フォークロア作品を蒐集・出版し、チェコ文学に貴重な遺産を遺している。この分野における業績としては、ボジェナ・ニェムツォヴァー [Božena Němcová] と共によく知られた存在。
民話や伝説に基づく詩集「花束」[Ktice] や民謡集がよく知られている。
「花束」に収められた作品は、フィビヒのメロドラマやドヴォジャークの交響詩の題材になっている。
オタカル・ホスチンスキー [Otakar Hostinský, *1847 †1910]
美学者・音楽学者。カレル大学で教鞭を執った。
スメタナ、フィビヒの進歩派を支持した。
インジヒ・カーン・ズ・アルベストゥー [Jindřich Kàan z Albestů, *1852 †1926]
ハンガリー貴族出身の作曲家。プラハで活躍した。
フィビヒのピアノ連弾作品《バガテル》第1集 Op.19 を献呈されている。
ヤン・マラート [Jan Malát]
作曲家・指揮者。
音楽辞典の編纂やスロヴァキア民謡の蒐集も行っている。
フィビヒと共著のピアノ教本 Velká theoreticko-praktická škola pro piano がある。
ズデニェク・ネイェドリー [Zdeněk Nejedlý, *1878 †1962]
歴史家、音楽学者・批評家、政治家。
カレル大学でゴルに歴史学を学んだ他、オタカル・ホスチンスキーにも師事、フィビヒからは私的に音楽学を学んでいる。
1905年からプラハ大学で音楽学を教えており、当初はフス派運動期の音楽文化の研究に従事。音楽史を民族誌の中で体系的に把握しようとする構想は、後に彼のライフ・ワークとなるスメタナ研究に繋がった。
第1次大戦後にチェコスロヴァキア共産党に接近し、1929年入党。ドイツによる占領後はロシアに逃れてチェコスロヴァキア共産党と協力、第2次大戦後には共産党中央委員会入りして党の文化・教育政策を積極的に推進している。
1948年、独立チェコスロヴァキア共和国の文化大臣に就任した。
1952年、チェコスロヴァキア科学アカデミーが復興するとその総裁に就任(死去まで在任)。
スメタナと師・フィビヒの進歩派を支持し、当時の楽壇でその対立軸であった保守派を非難した(ドヴォジャーク批判)。
彼の苗字「ネイェドリー」[Nejedlý] は「喰えない・食用でない」を意味するチェコ語の形容詞に由来する。
(*)
フランチシェク・ラディスラフ・リーゲル [František Ladislav Rieger, *1818 †1903]
オーストリア帝国のチェコ人政治家。保守的な政党「老チェコ党」の指導者。
クラム・マルティニッツと共に「チェコ人覚書」を作成し、1879年10月7日に皇帝に提出した。この「チェコ人覚書」は、後にチェコ語が公用語化される一連の政治的出来事の端緒となった。 1867年に「ハンガリー和協」により「オーストリア=ハンガリー二重帝国」が成立すると、これにボヘミア人が反発し、「ボヘミア国法宣言」を発表し、ボヘミア人議員が議会ををボイコットする事態に発展した。1871年、ボヘミア人議員を議会に復帰させようとしたオーストリア政府はボヘミアの自治を計画した(「ボヘミア和協」)。この「ボヘミア和協」にはリーゲルとマルティニッツが関与しており、その中でもリーゲルはボヘミアにおけるボヘミア人とドイツ人の民族的平等を保証する「民族法」の成立に取り組んだ。 彼はチェコ人の独立のために重要な仕事をした政治家の一人と言っていい。
楽壇への影響としては、ドヴォジャークを擁護する一方、「(音楽に於いてチェコ民族の)民族色を表出するには、民謡の引用と模倣とだけで十分である」との立場を取っており、これはスメタナのそれとは相反するものであった。実際、彼はスメタナらに対して批判的であった。 ただ、皮肉なことには、その彼が支持したドヴォジャークも「モラヴィア二重唱」作曲の経緯をみると「単なる民謡の引用」を良しとする考え方に必ずしも与していたとはいえなかった。
1861年、プラハでチェコ語の新聞「国民新聞」[Národní listy] を創刊。
1891年に、彼の老チェコ党と対立する「青年チェコ党」に帝国議会選挙で敗れて議席を失い、政界から引退した。
1858-1874年にかけて、ボヘミア初の百科事典を出版している。
フランチシェク・パラツキー(オロモウツに、彼の名を冠した国立大学がある)はリーゲルの義父にあたる。
(*1) (*2) (*3) (*4)
ヤロスラフ・ヴルフリツキー [Jaroslav Vrchlický, *1853 †1912]
近代西欧派の詩人・小説家。批評家、翻訳家としても活躍した。
1901年、ドヴォジャークと共にオーストリア帝国貴族院議員に列せられている。
フィビヒの創作に於いては、以下の作品の台本や原詩を書いている:
  • 《山から》Op.29
  • メロドラマ《ハーコン》Op.30
  • ステージドラマ三部作《ヒッポダミア》
    • 《ペロプスの求婚》Op.31
    • 《タンタロスの贖罪》Op.32
    • 《ヒッポダミアの死》Op.33
  • 歌曲《春の輝き》Op.36 (第1曲)
  • オペラ《テンペスト》Op.40
  • メロドラマ《花の復讐》遺作
  • メロドラマ《女王エマ》遺作
この他、ドヴォジャークのオラトリオ《聖ルドミラ》の台本も書いている。
ドヴォジャークの伝記を書いたクルト・ホノルカはその著書の中で彼の仕事や才能を褒めたりけなしたりしていて、結局どっちなのかわからない。