写真について



Zdenk FIBICH
ヴルタヴァ川・スラヴ島のジョフィーン館正面に掲げられた、Fibichのレリーフ

このサイトには、チェコのプラハで撮影された、幾つかの写真が掲載されています。
トップページにも使用しているこの写真も、そうしたものの一つです。
これは、作者の私が撮影したものではなく、今は亡き私の友人S.Quasmieさんががチェコへ旅行された際に、同行されたS.Quasmieさんのご友人・TMさんによって撮影されたものです。
S.Quasmieさんはその頃、癌に冒されており、しかも根治不可を主治医から宣告されていました。彼は「一生で最初で最後のプライベートでの海外旅行」に(私とはまた違った思い入れがありましたが)、思い入れのある作曲家であるフィビヒの祖国・チェコを選びました。
ここに今あるのは、そういった、特別な思いの込められた写真です。

彼の身体は結局、癌の冒すところとなり、その為に肉体は滅び去りましたが、その精神は最後の瞬間まで、自身の病の状況を正面からしっかりと受け止めつつ、しかし生きることを諦めなかった・・・・最期の時まで病には負けなかった、そんな人でした。
彼の想い出のために、友人達が作ったウェブサイトがあります。ここには、彼の遺した音楽(正規の音楽教育は受けていませんでしたが、いくらかの作曲と、多くの即興演奏をしていました)の一部と、癌患者としての体験を雑誌に寄稿した際の文章、そして彼の半生記の紹介があります。
私は縁あって、半生記を拝読しました。もう間近に自らの死を自覚している一方、まだこれから先も生きて行かねばならぬ者への励ましに満ちた文章です。