Chronological table of Zd. Fibich




1月、オーストリア帝国議会において、言語問題に関するチェコ人とドイツ人の民族的対立が本格化する。
Zd. Fibich 年表
西暦 出来事 関連事項 主要作品
1848   この当時のチェコは、オーストリア帝国の領土に組み入れられていた。
フランス革命の余波がオーストリア帝国にも波及し、3月革命が勃発。メッテルニヒ体制が崩壊。帝国領内の諸民族が独立を求めて蜂起する事態に発展した。
「スラヴ会議」開催中の6月12-17日の間、チェコ人の革命軍と、その鎮圧に向かった軍がプラハで戦闘を繰り広げた。この革命軍には、スメタナも参加していた。
 
1850 ズデニェク・フィビヒ(フィビフ)、ボヘミアのフシェボジツェ [Vseborice] 村に誕生(12月21日)。洗礼名はZdenko
ズデニェクの父・ヤン [Jan Fibich, 1810 - 1882-12-02]はアウエルスペルグ [Auersperg] 伯に仕える森林官、母・マリー [Marie, Romischova, 1823 - 1891-03-30]はドイツ語を話すウィーン出身の女性だった(母の実家は織物製造業者)
スメタナ26歳
ドヴォジャーク9歳
 
1852   チェラコフスキー [Frantisek Ladislav Celakovsky / 1799-1852] が死去  
1853   ヤロスラフ・ヴルフリツキー [Jaroslav Vrchlicky / 1853-1912] が誕生  
1854   L.ヤナーチェクが誕生(7月3日)  
1856   R.シューマンが亡くなる(7月29日)
スメタナ、ドライショック[Alexander Dreyshok, 1818-1869]から、スウェーデンのイェーテボリでのピアノ教師の職を勧められ、同地に赴く(10月)、同地では、ピアニスト、合唱指揮者として活躍する。
 
1857   ドヴォジャーク、プラハオルガン学校に入学(10月1日)  
1859 この年以降、母より音楽の手ほどきを受ける。
また、ウィーンでヘルマンの公立基幹学校に通い始める(〜1862)。
アレクサンダー・バッハ [Alexander von Bach]が事実上の首相となり、「バッハ体制」が確立。メッテルニヒ以来の独裁体制が復活する。
J. B. フェルステル[Foerster, Josef Bohuslav]が誕生(2月22日)。
 
1860   スメタナ、スウェーデンのイェーテボリからプラハに帰還。
カリシチェ村に、グスタフ・マーラーが誕生。
オーストリア政府、「十月勅令」(連邦主義的な憲法)を出す。
チェコで中央集権化に反対し地域自治を目指す「老チェコ党」が結成される。
 
1861   オーストリア政府、「二月勅令」(中央集権的な憲法)を出す。前年の「十月勅令」と合わせて、立憲制に移行した。これらは、各地の政治活動を活発化させる契機となった。  
1862 ヘルマンの公立基幹学校を終え、やはりウィーンのギムナジウムに通う(〜1863)。
この年から作曲を始めている。
スメタナと、ドヴォジャークのパトロンであるリーゲル[Rieger, Frantisek Ladislav]との間で、「国民音楽」を巡る論争が始まる。
ドビュッシーが誕生。
 
1863 ウィーンのギムナジウムを後にし、プラハのチェコ・ギムナジウム [ceskeho malostranskeho gymnazia v Praze] に通い始める(〜1865)。
母より、自宅にてピアノを教わる。
また、フランティシェク・チェルニー [Czerny, Frantisek] の勧めにより、最初の作曲を手掛ける。
スメタナ、プラハ芸術家協会の音楽部長に就任。
スメタナ、共同で私設音楽学校を開校。
ブラームス「パガニーニの主題による変奏曲」
 
1864 10月からは、プラハで経験豊富な2人の音楽教師、ジークムント・コレショフスキー [Kolesovsky, Zikmund / 1817-1868]とスメタナ[Smetana, Bedrich / 1824-1884]の生徒となる。
この結果、ギムナジウムの勉学はなおざりになる。
スメタナの強い後押しにより、聖イグナツ教会のオルガニストに就任する。
ヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」ミュンヘン初演。
ピアノメーカーのペトロフが創業。
 
1865 音楽の勉強に専念する為、復活祭の日に、チェコ・ギムナジウムを退学する。
この年に作曲した交響曲変ホ長調(番号なし)の2つの楽章が、作曲家のアロイス・フニリチカ [Hnilicka, Alois] の手で編曲され、フルジム [Chrudim] で開かれた演奏会で上演された(4月6日)
10月6日、遠戚のヴァイオリニスト・ドライショック[Dreyschock, Raymund / 1824-1869]の援助を得てライプツィヒ音楽院に入学し、作曲とピアノを学ぶ(在籍:-1866年のクリスマス)。 ピアノをモシェレス、和声をリヒターに学び、同時にプライベートレッスンで対位法をヤダスゾーン [Jadassohn, Samuel(Salomon?) / 1831-1902] (「芸大和声」以前の日本では、この人の和声体系が使われていたそうである)に学んだ(〜1867年5月)。
この年の半ばまでに50ほどの作品を書き上げた。これらのうち大部分はピアノ曲で、そのうちの1つはOp.1 として、この年に出版された。他には歌曲、序曲、"ロメオとジュリエット" のための後奏曲、弦楽四重奏形態による交響曲第3番のためのスケッチなどが含まれている。
ドヴォジャーク、交響曲第1番、第2番作曲。
シベリウスが誕生。
「春」Op.1
1866 E-mollのスケルツォ(後に「2つのスケルツォ」Op.4 のうちの1曲となる)が書かれる。
ライプツィヒ音楽院での勉学を終える(クリスマス)。
スメタナ、仮劇場の主席指揮者に就任(9月15日)
モスクワ音楽院創立。
ブゾーニが誕生。
オーストリア、普墺戦争に敗北。ドイツ連邦盟主の地位はプロイセンに移る。
 
1867 ヤダスゾーンのプライベートレッスンを終える(5月)。
ライプツィヒでの勉学を終え、1年余りを両親と共にリバーニュ [Liban] 、ジャーキー [Zaky] で過ごす。
オーストリア、前年の敗北により帝国内の再編を図る為、かねてから対立を深めていたハンガリーの独立要求に妥協し(アウスグライヒ)、「オーストリア=ハンガリー二重帝国」を成立させる。
チェコ人自由主義ブルジョワジー、モスクワで「スラヴ会議」に参加(5月)。ロシアに接近する一方、オーストリア政府に抵抗し、帝国議会をボイコットする等の戦術に出る。
「アルバムリーフ」Op.2" (1865〜)
「3つの歌」Op.3(1865〜)
1868 ピアニストとしての経験を積む為、パリへ向かう。(7月19日)
パリでピアノ教師で生計を立てる傍ら、関心のあった美術,彫刻を学ぶ。
チェコ国民劇場の建設が始まる  
1869 マンハイムで音楽の勉学の仕上げをする(〜1970)。 ベルリオーズが亡くなる。 ヴァイオリンとピアノのための「ソナチネ」Op.27
1870 マンハイムでの勉学を終え、両親と共にジャーキー [Zaky] 村に移り住む(〜1871)。 スメタナとピヴォダ [Pivoda, Frantisek]との間で「国民音楽」についての論争が始まる。
エルベン [Karel Jaromir Erben / 1811-1870] が死去。
V.ノヴァークが誕生(12月5日)
 
1871   ドヴォジャーク、仮劇場オーケストラを退団し、個人レッスンで生計を立て始める。
オーストリア、帝国内の重要な経済基盤であるチェコのブルジョワジーの要求を無視出来なくなり、チェコ人と妥協するため「三重王国制」を認める法案を準備。しかしハンガリー人とチェコのドイツ人の激しい反対に遭って頓挫する。
「5つの歌」Op.5
1872     ピアノ三重奏曲ヘ短調
1873 製粉所の娘ルージェナ・ハヌショヴァー [Ruzena Hanusova] と結婚する(2月20日)。
また、秋にはリトアニアのヴィリニュスで合唱指導の職に就く。
ラフマニノフが誕生。
レーガーが誕生。
交響詩「オテロ」Op.6
交響詩「ザーボイ、スラヴォイとルジェク」Op.37
喜劇序曲 Op.35
「4つのバラード」Op.7
1874 1月にリハルトとエルサの双子が誕生したが、リハルトは生後わずか数時間後に亡くなってしまう。
ルージェナの看病に来ていた姉も亡くなる。
10月には、ルージェナも亡くなる。
スーク、シェーンベルグが誕生。
スメタナ、聴覚を失い、仮劇場指揮者を辞任(10月20日)。
老チェコ党の議会ボイコット戦術に反対して結成されていたグループがこの年「青年チェコ党」となる。
「メルジーナ」Op.55
ピアノ四重奏曲 Op.11
弦楽四重奏曲イ長調
1875 ルージェナの生前の願いにより、フィビヒはルージェナの姉で、4歳年上のベッティ [Betty / 1846-1901] (仮劇場〜国民劇場の名コントラルト歌手で、スメタナやフィビヒの作品にも出演していた)と結婚する(5月23日)。
仮劇場(後のチェコ国民劇場)の音楽副監督と合唱監督の職に就く(〜1878)。
父が亡くなる。
ラヴェル生誕。
ビゼー亡くなる。
交響詩「トマンと森の精」Op.49
メロドラマ「クリスマス・イヴ」Op.9
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ニ長調
1876 ルージェナが生んだ双子のうち、残った方のエルサも亡くなってしまう。
ベッティとの間にリハルト [Richard / 1876-1950] が誕生。
  新しいチェコ劇場オープニングへのプロローグ
1877     オペラ「ブラニーク」Op.50
オペラ「ブラニーク」序曲
ピアノ連弾の為の「バガテル」 Op.19
メロドラマ「花の復讐」
変奏曲 変ロ長調
1878 仮劇場での職から退く。
ロシア正教会の合唱指導の職に就く(〜1881)。
ドヴォジャーク、ジムロックの依頼で「スラヴ舞曲集第1集」Op.46 (ピアノ版)作曲。後に管弦楽版に編曲する。 「6つの歌」 Op.12
メロドラマ「永遠」 Op.14
弦楽四重奏曲ト長調 Op.8
1879   スメタナ「我が祖国」全曲が完成(3月9日)。スメタナ自身によりプラハ市に捧げられる。
チロル州知事エドゥアルト・ターフェ伯爵、アドルフ・アウエルスペルクの後継として、オーストリア帝国首相に指名される(2月2日)も、最大党派であるドイツ人自由派から閣僚を求めようとして拒否されたことを受け、一旦辞任する(2月15日)。
8月の国会議員選挙でドイツ人自由派に大勝したターフェは、改めて首相となった。
10月7日の国会開会当日、皇帝に「チェコ人覚書」[das Tschechische Memorandum] が提出される。クラム・マルティニッツとリーゲルによって作成されたもので、これが後のチェコ語の公用語化の端緒となった。
「ロマンス」変ロ長調 Op.10
「黄昏」 Op.16
1880   老チェコ党、ターフェ内閣との協力により、チェコ語をドイツ語と平等に使用する権利を獲得する(ターフェの言語令、若しくはターフェ・シュトレマイール言語令)。 シェークスピアの物語への交響的絵画「嵐」 Op.46
1881 ロシア正教会の合唱指導の職を退く。 バルトークが誕生。
ムソルグスキー亡くなる。
チェコ国民劇場が完成(6月11日)。
スメタナ「我が祖国」初演(6月11日)
チェコ国民劇場が焼失する(6月12日)。
カンタータ「春のロマンス」 Op.23
大オーケストラの為の交響的絵画「春」Op.13
1882 父が亡くなる(12月2日) スメタナの連作交響詩「我が祖国」全曲演奏会が大成功を収める(11月5日) 2つのヴァイオリンとピアノの為の「無言歌」ニ長調
1883   国民劇場が再建される。
ヴァーグナー、ヴェネツィアで生涯を閉じる(2月13日)
メロドラマ「ヴォドニーク」 Op.15
メロドラマ「女王エマ」
オペラ「メッシーナの花嫁」 Op.18
交響曲第1番ヘ長調 Op.17
Vigilie Op.20
「国民劇場のリオープン」
1884 "Grossen theoretisch-praktischen Klavierschule von den ersten Anfaengen bis zur virtuosen Kunstfertigkeit mit Benuetzung von Volksliedern und Kompositionen tschechoslowakischer Komponisten" の執筆に取り掛かる(〜1886)。 ドヴォジャーク、初のイギリス訪問。ロンドンで自作「スターバト・マーテル」を指揮し絶賛される(3月)
スメタナが亡くなる。(5月12日)
芸術家の家[Rudolfinum](チェコフィルのホームグラウンド)が建設される。
フランク「前奏曲・コラールとフーガ」
 
1885     ミサ・ブレヴィス Op.21
ピアノ連弾の為の「黄金時代」Op.22
シャコンヌ─即興曲 Op.25
フガートと妖精の踊り Op.24
1886   リストが亡くなる。
ドヴォジャーク「スラヴ舞曲集第2集」Op.72 作曲。
ヤナーチェク、論文「歌に見るスラヴの世界」を発表。この中でホスチンスキーの著作「チェコ音楽のデクラマツィオーンについて」を批判する。
喜劇序曲「カルルシュテインの夜」 Op.26
「ピアノ連弾のためのソナタ」Op.28
1887     「山々から」 Op.29
1888   ヤナーチェク、フランティシェク・バルトシュ[Brtos, Frantisek] と共に、モラヴィアの民謡収集を始める(〜1905年) メロドラマ「ハコン」Op.30
1889   ドヴォジャーク、オーストリア皇帝より「オーストリア三等鉄王冠章」勲章授与される(6月17日) ステージドラマ「ペロプスの求婚」Op.31
1890   マルティヌーが誕生。
フランクが亡くなる。
ステージドラマ「タンタロスの贖罪」Op.32
1891 母が亡くなる。 カーネギーホールが完成。
プロコフィエフが誕生。
ドヴォジャーク、プラハ音楽院教授に就任(1月1日)
ステージドラマ「ヒッポダミアの死」Op.33
歌曲集「春の輝き」 Op.36
1892   ドヴォジャーク、ニューヨーク・ナショナル音楽院の校長に就任。 祝典序曲「コメニウス」 Op.34
1893 姉が亡くなる
このころから、アネシュカ・シュルゾヴァー [Anezka Schulzova] との親密な関係が始まる。
交響曲第2番Op.38 初演
ドヴォジャーク・交響曲第9番「新世界より」
チャイコフスキーが亡くなる。
アロイス・ハーバ [Alois Haba] が誕生。
交響曲第2番変ホ長調 Op.38
管弦楽の為の牧歌「黄昏」Op.39
ピアノ五重奏曲ニ長調 Op.42
1894   ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」 オペラ「嵐」 Op.40
「気分、印象と追憶」Op.41
ピアノ連弾の為の「バガテル」第2集 Op48
1895   ドヴォジャーク、ナショナル音楽院の職を辞し、アメリカより帰国する。(4月)
ドヴォジャーク、プラハ音楽院に復職。(11月1日)
オペラ「ヘディ」 Op.43
「気分、印象と追憶」Op.44
歌曲集「蕾」 Op.45
1896     「気分、印象と追憶」Op.47
1897 ベッティと息子を残したまま、プシュトロス通り [Pstrossova] に独り移り住む(秋)。
(「プシュトロス」は、チェコ語で「駝鳥」の意)
ブラームスが亡くなる(4月3日)
ドヴォジャーク、オーストリア国家奨学金の審査員に推挙される。(7月)
ヤナーチェク、「発話旋律」理論の展開を始める。
青年チェコ党に支持されたバデーニ内閣、チェコにおける全官吏にチェコ語の使用を義務付ける(1897年の言語令)が、オーストリア全土のドイツ人から激しく反発を招いた。
オペラ「シャールカ」Op.51
1898 重い猩紅熱にかかる。(5月) ガーシュウィンが誕生。 管弦楽組曲「田舎の印象」Op.54
演奏会用序曲「オルドジフとボジェナ」 Op.52
交響曲第3番ホ短調 Op.53
オペラ「ヘルガ」(アルコーナの陥落) Op.55
「気分、印象と追憶」Op.57
1899 国民劇場のオペラの演出を担当する(2月) パヴェル・ハースが誕生(6月22日)。 オペラ「ダルグン」(アルコーナの陥落) Op.60
「画家の作品」 Op.56
1900 国民劇場のオペラの演出担当の任から退く(6月)
フィビヒ亡くなる(10月15日/49歳)。
翌日には「国民新聞」一面に訃報が、同18日の二面にはオタカル・ホスチンスキーらによる追悼文が掲載される。
   
1901 ベッティが亡くなる。 ズデニェク・ネィエドリー[Nejedly, Zdenek, 1878-1962]による「ドヴォジャーク批判」がこの頃から始まる。
ドヴォジャーク、プラハ音楽院院長に就任。(7月)
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
 
1904   ヤナーチェク オペラ「イェヌーファ」初演(1月21日)
ドヴォジャークが亡くなる。(5月1日)
 
1905 アネシュカ・シュルゾヴァー、自ら命を絶つ。