作品紹介

交響曲 変ホ長調 (遺作)

Symfonie Es Dur

作 曲:1865年4月(?)
形 態:管弦楽
初 版:(未出版?)
初 演:(?)1865年4月12日 Slavoj 協会コンサート(作曲者自身による)。但し、2つの楽章のみ
自筆譜:不明
文 献:
この交響曲には、交響曲の番号も、作品番号も与えられていない。録音も見当たらないことから、殆ど存在自体が知られていないと思われる。
僅か15,16歳という若さで交響曲を書き、それをその年の内に、初演まで漕ぎ着けている。これは、ドヴォルジャーク等とは比べ物にならないほど、恵まれた環境であったというべきであろう。
第1・第4楽章は、共にAdagioで開始される(第1楽章では、4小節の序奏となっている)という、やや特異な造りになっている。









作品目録へ...