作品紹介

ピアノソナタ 変ロ長調 Op.28

Sonate für Klavier zu vier Händen, Op.28

作 曲:1886年9月25日
形 態:piano 4 ms
献 呈:Antonín Dvořák
初 版:Fr. A. Urbánek, Praha, 1887 (U.356)
初 演:

1884~1886年にかけて、フィビヒは、Jan Malátとの共著によるピアノ教本 "Großen theoretisch-praktischen Klavierschule von den ersten Anfängen bis zur virtuosen Kunstfertigkeit mit Benützung von Volksliedern und Kompositionen tschechoslowakischer Komponisten" (大いなる理論的実践的なピアノの為の授業)の執筆に専念していた。この中には、多少の教育的な目的を持って書かれた、幾つかのピアノデュオのための作品が含まれている。連弾のための「ピアノソナタ 変ロ長調」は、このシリーズの1曲として書かれた。幸福感に満ちた美しい黄昏時の情景を、そのまま音楽にしたようなこのソナタは、シリーズの作品の中でも頂点に位置するものとなった。
献呈の辞に "Milému příteli Antonínu Dvořákovi." (親愛なる我が友 アントニーン・ドヴォジャークに)と記されたこの作品はまた、ドヴォジャークの「スラヴ舞曲集」以来の優れたピアノ連弾作品として認知されるようになった。

作品は3楽章から成り、ソナタ形式,変奏曲,ソナタ形式(但し展開部は殆どないに等しい)の順に楽章が並べられている。







作品目録へ...